CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
タイ・バンコクでのロングステイ・会社設立・ビザ・ワークパーミット・労働許可はロングステイコンサルティングにお任せください。
タイ・バンコクでロングステイ、会社設立、ワークパーミット・ビザ・人生リセットのご相談
0
0
タイでの生活1/2



1. タイの住宅事情

          私たち外国人がタイで住居を探すには自力でとにかくこまめに当たっていく方法と、日系又はローカ      ルの仲介業者に依頼する等、様々な方法が考えられますがタイ語に自信のある方はいろいろな方法       で情報が入手できるのでバリエーションが広がります。
       (コンドミニアム購入の際の注意点)

     タイで外国人がコンドミニアムを購入(法律で土地やコンドミニアム法適合以外の物件を所有することが禁じられています)するためには所管の土地局に提出するためのタイの銀行(銀行によっては最初に経由した銀行)から外貨送金証明書「トゥラカム」を取得しなければなりません
   条件

         ・必ず送金目的及びメッセージ欄に「TO BUY CONDOMINIUM」等目的を送金時に記入する。          ・必ず外貨建(円や米ドル等)で送金する。日本の銀行担当者にバーツに換算して送金するよう             アドバイスを受けても外貨建でなければならない。

     賃貸の場合人それぞれの生活スタイルや価値観、生活エリアが違うので一概にこの位が妥当というこ      とはできません。しかしあなたのライフスタイルに合わせてご相談に乗ることは可能です。

         1) タイの住宅の種類

概ね次のような種類に分けられます。

            1. 土地付き一戸建住宅

            2. タウンハウス※右写真

                 (連棟式2~5階建住宅)

            3. 一般賃貸アパート

            4. サービスアパート

            5. コンドミニアム

            6. その他

住宅の種類良い点悪い点(注意点)
土地付き
一戸建て住宅
・自分達だけの生活が送れる。
・プライバシーが守られる。
・高級感がある。
・水道光熱費はメーター通り。
・セキュリティーは自分で確保する(相当な警戒が必要)。 
・適当な物件を見つけるのが困難。
・タイの生活に慣れないと数多くのリスクがある。
タウンハウス
(連棟式
2~5階建住宅)
・一戸建に近い感覚で住める。
・タイ人コミュニティーに入れる。
・水道光熱費はメーター通り。
・多くの場合窓が少なく室内が暗い。
・風通しが悪い。
・火災に注意。
・セキュリティーについては一戸建以上に危険と考えた方がよい。
・タイの生活に慣れないと数多くのリスクがある。
一般賃貸
アパート
・家賃が格安。
・手軽に入居できる(契約が簡単)。
・家賃に比例して住人の質がよくなる。
 ・住人の階層に注意(大人数での居住、バクチ、薬物中毒者等)。
・騒音や悪臭。
・深夜の多人数での出入り。
・侵入犯、空き巣に注意。
・自力で探す必要あり。
サービス
アパート
・ホテル感覚で生活できる。
・セキュリティーが考慮されている。
・手ぶらで来ても生活スタートとして は困らない。
・自分の部屋という感覚に欠ける。
・ 清掃やシーツ交換にメイドが入ってくる。
・ 水道・光熱・電話代等にチャージされる。
・タイ人とのコミニュケーションがとりにくい。
・賃貸料が高い。
コンドミニアム
(名称は様々)
・賃貸、販売物件ともに比較的多い。
・高級感がある。
・セキュリティーが配慮されている。
・専有面積が広い物件が多い。
・郊外で探すと格安物件があったりする。
※販売物件の場合外国人でも所有できる。
・都心集中傾向があり価格、 賃貸料が非常に高い。
・メイドの質も問題。
・日本人コミュニティーの場合、対人関係やお付き合いも考慮しなければならない。
・管理規定等が厳しい。

     2) 契約時の注意

タイは国民気質がおおらかで何ごともマイペンライで通るような気がしますが契約等は何ごとも書類第一主義。口約束や契約書に記載されていないことは絶対に通りませんので注意が必要です。

(よくあるトラブル例)

        ・契約書に契約期間△ヶ月、更新時に○%の範囲内で賃貸料の値上げができるというように貸主が           有利な記載のしかた

        ・例えば契約期間24ヶ月間その間に借り主の都合で契約を解約するときはデポジットを返却しない            等記載がある場合

        ・実際に重大な瑕疵(かし、欠陥)があるのに「あとで直しておきます」と言われたが、修理の             こ とは契約書に記載されていないからだめというケース

        ・周辺で不審な人物や犯罪が起きていないか

        ・降雨時のその周辺の「水はけ」の状況

        ・以前の住人がカギを交換しスペアキーを所持していたり、退去時にカギを確実に返却したか

        ・オーナーの人柄やその周辺での評判(借り主とトラブルを起こしていないか)


2. 銀行口座の開設

・ご自身の利便性を考え口座開設店を決めます。
・ロングステイ用ビザでは口座開設ができない支店もあります。
・タイ中央銀行の通達による影響で口座開設に当たり労働許可証(ワークパーミット)又はノンイミグラント1年ビザの提示が求められます。ロングステイのお客さまの口座が開設できないケースが多く見受けられます。支店により対応が違ったり窓口担当者により見解が違うなど対応はまちまちです。
・利息も銀行により多少違う場合があります。
・普通預金、定期預金、当座預金等があります。
・ATMカードが24時間利用でき(制限のあるATM機もあります)他行での利用は3回/月までは手数料無料。口座開設地以外の他県での利用は手数料天引になります


●口座開設の方法●
バンコクで行う方法
バンコック銀行本店2階カウンターで両替したバーツと証明書で本店のみで開設。普通預金の非居住者口座のみ。手数料はかからない。
メリット・デメリット
・バンコクに出かけた時しか開設できない。
・即時開設できる。
・送金用の一時的な口座としてのみ使用。
・タイ国内で以後預金ができず、海外からのみ可。
・普通預金の非居住者口座のみ。
・1年ビザ取得後、居住者口座を開設して振替、ATMカード可。

バンコック銀行東京・大阪支店担当者

東京支店:カスタマーサービス課職員
大阪支店:送金課職員


バンコック銀行東京・大阪支店のご案内

バンコック銀行各種預金のご案内

バンコック銀行登録型送金サービス


   タイで銀行口座開設・バンコク銀行

タイの銀行からの証明書




3. 通信事情

        ・郵便事情

      タイの郵便は相当信頼がおけると思います。郵便局はタイランドポスト(タイ語名プライサニー)という民間企業になり タイ全土をネットワークしています。

      郵便の紛失等はよくアパート等で起こりがちです。配達員はアパートの管理事務所まで配達(EMS・書留・受取通知(AR)等も)し、日本のように実際に部屋までは来てくれませんので事務所の仕分け間違い又は他人が間違えて持っていってしまうということも可能性としてあります。

 ・電話事情

     旧タイ通信公社の民営化により国際電話、データ通信、携帯電話部門はCATテレコムとして分離独立し、バンコク及び隣接県では民間のティー・オー・ティー(旧トーソートーコーポレーション)略称TOT旧称タイ電話公社(タイ語でオーンカーントラサップヘンプラテートタイ、通称トー・ソー・トー(TOT)2002年8月1日変更)とTRUE(旧テレコムASIA)がありどちらも顧客獲得のための回線設置料・保証金無料等のプロモーション活動を展開しています。おおむね申し込みから3日~2週間程度で設置できるでしょう。

     通話料はバンコク及び隣接県(プリモントン)相互の市内通話は時間に関係なく1回3バーツでインターネット利用等に便利で別に選択料金制もあります。他県の場合・県内相互の通話・同一市外局番間でも県が違う場合・相手方の局番が違う場合は料金が異なります。夜間及び休日は割引があります。

    地方ではTOTの他に民間のTT&Tに申込できますが回線数の不足から何ヶ月も待たされることもあります。設置には原則的に労働許可証(ワークパーミット)とパスポートのコピーが必要ですがタイ人の名義を借りて申し込むこともできます。

電話に関する便利メモ
電話番号案内1133
電話全般に関するお問い合わせ1154
相手の電話の故障調べ1177 市外局番を含めた電話番号


・国際電話

        国際電話会社の管理でダイヤル直通(日本へは日本の国番号81 ・日本からタイへは66 )オペレータ通話、指名通話、コレクトコール共可能。ダイヤル通話は夜間、休日割引があります。

・携帯電話

      現在タイの携帯電話会社は前タクシン首相のグループ企業AIS (アドバンスインフォサービス社)、DTAC(トータルアクセスコミュニケーション社)、TRUE系のORANGE(TAオレンジ社)、HUTCH(ハッチソンキャットワイヤレスマルチメディア)、THAI MOBILE(TOT)等で様々なプロモーション価格やサービスを展開しているので各社のサービスカウンターやデパート内の販売店で相談するとよいでしょう。尚国際通話(送信)利用まで、契約日から多少待たされることもあります。契約に必要な書類は加入電話の場合と同じです。別にプリペイド式もあり書類は不要でしたが南部のテロ問題から身分を証明する書類が必要に変更になっています。

            ※最近日系の販売会社ができて日本語で対応してもらえます。

                   (CANNNET CO.,LTD. TEL:0-2661-7045)

​                   CANNNETのホームページ J・GLOBEのホームペー


| サイト利用規約 | プライバシーポリシー | 免責事項 |
Copyright (C) 2002-2010 LONGSTAY CONSULTING (THAILAND) CO.,LTD. All Rights Reserved.