Live in thailand T.M.30

T.M.30とは家主が外国人に住居を賃貸する際の
届け出のこと。ビザの更新に必要です。

T.M.30(トーモー30)とは、「外国人に、この住居を賃貸している」という届け出のことです。
入国後24時間以内の申請が義務付けられており、出張や旅行で滞在場所が変わるたび、オーナーに届け出をしてもらう必要があります。 T.M.30は昔から法律(入国法第38条)で定められていますが、実際には取り締まりは行われておらず、届け出をしている住居オーナーはほとんどいないに等しい状況でした。しかし、2016年ころからパタヤやチェンマイで取り締まりが強化され、2019年5月ころよりバンコクでも厳しくなってきています。

T.M.30は、全ての外国人居住者に適用され、各種ビザの更新時には「T.M.30通知受取書(半券)」のコピーが必要となります。届け出を怠った場合、および期限内(入国後24時間以内)に届け出が間に合わなかった場合には、1人あたり800バーツの罰金が課せられます。

ご相談の流れ

STEP
1
お問い合わせ

お問い合わせフォーム、またはお電話にてご相談ください。

STEP
2
申請準備

必要な書類の準備を、弊社がサポートします。

STEP
3
入国管理局、または郵送にて申請

弊社スタッフが代行します。

STEP
4
申請完了

T.M.30通知受取書(半券)をお渡しします。

オンライン申請も可能ですが、賃貸者のIDナンバーなどを登録する必要があり、賃貸者が敬遠する場合があるようです。

料金について

T.M.30申請 2,300バーツ

表示料金は税別となります。また、別途印紙代が発生する場合がございますのであらかじめご了承ください。

Contact お問い合わせ

弊社へのご依頼、またはご質問はこちらから。
内容を確認後、日本人担当者よりご連絡いたします。

※ 同業者(社)からのお問い合わせはお断り申し上げます。

お問い合わせ項目必須
※複数選択可

タイ国内専用ダイヤル 089-449-8270 094-993-3883

日本国内専用ダイヤル 050-6860-6622

営業時間
8:30~17:30 (タイ現地時間・土日祝日を除く) ※日本語対応